需要なんて紙の領域

ポケモンよりも遊戯王が楽しい元・ポケモンオフ勢
需要なんて紙の領域 TOP  >  BW期の記事

【ポケモン】キノガッサ型まとめ【5世代シングル】

気付いたら広告出てたので広告回避も兼ねて



キノガッサ(色違い)


5世代対戦の時、格闘枠としてよく自分が採用していた所謂「相棒」的ポケモン。最近また5世代対戦をやり始めたのでメモ程度に更新します。
今もそうですが、キノガッサには主にポイズンヒール型とテクニシャン型の2種類存在します。実は胞子型も考えたりしたのですが、耐久難の為断念。
また参考にするため、配分のリンクを貼っています。無断転載なのでなにかあれば外します。


■ポイヒ型
以下の配分を基本的に前提として書いていきます。
努力値:H156A4B4D92S252
実数値:155-151-101-*-92-134


・ローキックタイプ
①種爆弾採用型
種爆弾 ローキック キノコの胞子 身代わり

全てのポイヒ型原型にして頂点とも言えるタイプ。タネマシンガン採用のタイプとは違い、水タイプの処理速度が速くなる代わりに身代わり持ちに弱くなる。


②タネマシンガン採用型
タネマシンガン ローキック キノコの胞子 身代わり

種爆弾の代わりにタネマシンガンを採用した型。身代わり持ちに強くなる代わりに、水タイプの処理速度が遅くなる。主にBWの中期~後期に見られ、特に無限トドゼルガやノイクンに強くなれる。


③気合パンチ採用型
ローキック 気合パンチ キノコの胞子 身代わり

ハメ性能と突破力を同時に兼ね備えたタイプ。5世代では最強と言われてるタイプのキノガッサ。基本はHSが多いが、このタイプにはAS基調の配分もありより突破力を高めたタイプも存在する。


④ビルドアップ採用型
ローキック ビルドアップ キノコの胞子 身代わり

5世代中期の後半~後期に増えたゴツゴツメットを持ったハッサムに対抗するために出てきたキノガッサ。どちらかと言えば長期戦向きのキノガッサと言える型でハメながらビルドアップをすることにより、3タテも可能になる。6世代ではローキックに代わり岩石封じに差し替えた型が主流になっている今でも存在する型。


⑤宿り木採用型
ローキック 宿り木の種 キノコの胞子 身代わり

上記の型よりは見ない型。個体数は少ないものの、上記の型よりはハメ性能に特化した型と言える。特に苦手とする火炎玉ローブシンに対して身代わりを貼って対面している前提であるものの、強く出れる。ハメ性能に特化している為、本来有利な水タイプの処理速度がほぼ皆無に等しいほどに遅くなる。ハメ性能に特化しているので長期戦向きのキノガッサと言えると思います。


⑥影分身採用型
ローキック 影分身 キノコの胞子 身代わり

より、害悪性能が増したタイプ。ローキックでハメつつ、影分身で避けてハメていく。数あるキノガッサの中でもよりヘイトを買う型。
使ってみればわかる強さがあるポケモン。


・その他
①処理速度特化型
気合パンチ タネマシンガン キノコの胞子 身代わり
配分:H12A244S252

ハメ性能を捨て、目の前の敵を突破するのに特化した型。身代わり持ちに対して強く出るためにタネマシンガンを採用している。しかし、ハメ性能がないため相手と使い道を選ぶ。


②処理速度特化型~マッハパンチ採用タイプ~
気合パンチ マッハパンチ キノコの胞子 身代わり

きあパンマッパで処理速度と掃除を同時に実現させたキノガッサ。特にマッハパンチは、さいのっぺとしても優秀だがヨプの実を持っていないドリュズならほぼ2発で倒せるため状況に合わせて戦うことが可能になる。


■テクニシャン型
テクニシャン型は、基本配分をASとします。

①気合の襷タイプ
ローキックor岩石封じ タネマシンガン マッハパンチ キノコの胞子

対面性能に特化したキノガッサ。現6世代環境でも将来の環境でもおそらく基本となるキノガッサの型でしょう。説明は不要ですね。
当時はローキックがテクニシャン補正がかかり、現6世代環境より安定した対面性能を持ったポケモンでした。


②拘り鉢巻タイプ
ローキック タネマシンガン ローキック 馬鹿力or岩技

受け出しを許さないキノガッサ。具体的に言うと無振りラティオスが半減テクニローキで高乱数2発で沈みます。無振りウルガモスもテクニ半減ローキ2発で沈みます。鉢巻馬鹿力で基本的な配分のローブシンのHPが7割強削れます。鉢巻マッパで無振りドリュウズが高乱数で飛びます。当然ながらタネマシンガン3発ででスイクンが沈みます。まぁ、とくかく強いです。テクニ補正も相まって頭おかしい火力を得ます。


③ハイブリット(食べ残し)型
タネマシンガン マッハパンチ キノコの胞子 身代わり
配分:H84A164B4D196S60
実数値:146-188-101-*-105-98
参考リンク先:第6回キツネの社mf使用パーティ ~脱出ボタンニョロトノ軸脱出雨パ~(こばるとさん)

ハイブリット型のキノガッサ。言ってしまえば、テクニシャンでハメ倒そうという感じのポケモン。個人的に5世代ではハイブリットタイプのキノガッサ以外は基本的に全て使用したことがあるのですがこのタイプのキノガッサだけは使う気になれなかったです。ハイブリットタイプのキノガッサはポイヒ型とは違い、状態異常に弱いので後出しする状況が限られるのと回復ソースが食べ残し依存なのでポイヒより回復量で劣り、突破されやすいと感じています。これもオフ優勝を皮切りに増えた型でしたが、当たったパーティをみるとポイヒのほうが機能するんじゃ・・・・と思うようなパーティにも採用されていたのでなんとも言えないです。雨ミラーやナットレイに強くしたいというような形であれば採用できると思います。


④オボンの実タイプ
タネマシンガン マッハパンチ キノコの胞子 剣の舞
努力値:H236A84B4D132S54
実数値:165-177-101-*-97-97
参考配分:カバドリ入り積み技サイクル@第24回シングル厨のつどい使用(ヒデキさん)

オボンガッサは現6世代で【テンガッサ】なんて言われて使われていますが、原型は5世代にまで遡ります。これもハイブリットガッサ同様に使うパーティを選びます。上記のハイブリットタイプとの違いは以下になります。

・ハメ性能を捨てた代わりにオボンによる耐久値の底上げ。
・ハイブリットガッサ以上に対雨・砂に対して強くなれる。

主にこの2点が挙げられます。リンクの記事にも書いてある通り、出せば負けるという状態になりますが確実に仕事ができる配分になっている為、出す状況を選べば状況をひっくり返すポケモンでもあると思います。個人的に今のオボンガッサの原型とも言えると思います。




他にもキノガッサの型が存在しますが、主にこれぐらいだと思います。
ということで、この辺で
スポンサーサイト
[ 2016年10月23日 06:09 ] カテゴリ:BW期の記事 | TB(0) | CM(0)

【5世代】使ってたパーティ【シングル】

6世代シングルよりも未だに5世代シングルのほうがモチベ高い人なので、更新。

因みに5世代では、カバドリ,積みサイクル(リレー)をメインにユキトド,対面構築,トノグドラを程々に使ってました。(最高レートはバンドリの1841)


供養も兼ねてですが、使ってたカバドリの一部でも紹介します。



5世代ではよく見られたらみるーカバドリの並び(どこかの界隈ではドリルドンオスハッサキノクンなんて呼ばれてたり違う呼び方もされたりしてた)


この並びは技構成1つで全く別の構築になるので、カスタマイズ性能が高い汎用性がある並びだと個人的に思います。
それでは技構成に入ります。

ポケモン性格持ち物備考
カバルドン腕白オボンの実地震欠伸ステルスロック吹き飛ばし腕白S0個体
ドリュウズ意地っ張り柔らかい砂地震アイアンヘッド岩雪崩剣の舞砂掻き
ラティオス臆病ラムの実流星群サイコショックめざめるパワー炎瞑想めざ炎個体
ハッサム意地っ張りメタルコート虫食いバレットパンチ燕返し剣の舞テクニシャン
キノガッサ陽気毒々玉タネマシンガンきあいパンチ身代わりキノコの胞子ポイズンヒール
スイクン臆病カゴの実熱湯冷凍ビーム瞑想眠る



カバルドン@オボンの実
215-132-160-*-117-52
地震 欠伸 ステルスロック 吹き飛ばし


ドリュウズ@柔らかい砂
185-205-86-*85-135
地震 アイアンヘッド 岩雪崩 剣の舞


ラティオス@ラムの実
155-*-101-181-131-177
流星群 サイコショック めざめるパワー(炎) 瞑想


ハッサム@メタルコート
165-200-120-*-100-98
バレットパンチ 虫食い 燕返し 剣の舞


キノガッサ@毒々玉
137-181-100-*-80-134
気合いパンチ タネマシンガン キノコの胞子 身代わり


スイクン@カゴの実
201-*-137-117-136-147
熱湯 冷凍ビーム 瞑想 眠る



カバドリの本来の動きに合わせた積み技色の強いカバドリにしました。
本来のカバドリの動きは、カバで起点作って(場を整えて)、ドリュウズで抜いていくというもの。しかし、そうなるとドリュウズが選出出来なかった時のディスアドが大きいので、カバルドン展開を軸としてエースの駒を増やしカバルドンから状況に合わせて全抜きエースをぶつける積みサイクル系のカバドリとしました。となると、ドリュウズは型破りで、起点を作るほうがいいですがドリュウズ自身も全抜きエース(主にハッサムやメタグロス,ボルトロスに対してぶつける駒)として採用しました。

以下、詳細

・カバルドン
6世代の今でもよく見られるカバルドンの調整ですね。
テンプレのラティオスの眼鏡波乗り耐え調整の残りB
Sは最遅ハッサム抜かれが一般的ですが、そうすると最遅ユキノオーに天候を取られてしまうので更にS個体値を落とすことに。しかし、最遅にするとカバドリが苦手とするヤドランにカバルドンが1回行動しただけで倒されてしまう。そんなことを考えた結果、腕白S0個体という謎の答えに行き着きました。使用感としては、ハッサムノオーの下を取り、欠伸ループ,天候奪取をしつつヤドランには上から欠伸を打てるなど役立つ場面が多かったです。


・ドリュウズ
調整はみた通りですね。Aブッパ 最速70族抜き残りB

当初は地面ジュエルで使っていましたが、ジュエル消費したあとの地震火力不足に悩まされる部分が多くあったので他の持ち物はないかと探してたら柔らかい砂に行き着いただけ。初見だと持ち物バレもしないのでそこそこに役だったと思う。


・ラティオス
眼鏡ではなく受けループをみる為やナットハッサムが重いのでめざ炎ラティオスを採用しました。ラティオスミラーで不利になりますが、状況をみてラティオスを捨て裏のハッサムで起点にしていく動きもできるので、ラティオスミラーはそれほどキツくはなかった。


・ハッサム
技は特筆することないです。小さくなるや砂ガブ対策の燕返しで持ち物はそれによりバレパンの威力があがるメタルコート。


・キノガッサ
対雨や砂(主にカバドリ),受けループへの駒。雨やカバドリに対しては積極的に出して負荷をかけていく。よって技構成は負荷をかけていく構成に。カバドリ雨を遂行速度を落とさず相手できるきあパン,ノイクンや無限グライオン,トドゼルガ意識のタネガン後はテンプレ


・スイクン
特に言うことない普通の5世代テンプレスイクン。


基本選出はよくあるごく一般的なカバドリの選出なので割愛



最近はオフで野良5世代対戦を持ちかけてるので、5世代民は対戦しましょう!
では!
[ 2015年11月29日 09:34 ] カテゴリ:BW期の記事 | TB(0) | CM(0)

【BWダブル】懐かしい老害構築

過去作解禁ということでなにか使える個体探してたら懐かしいBWの時ダブルでよく使ってたスタンが出てきたので、今さら公開することに。流し読んで構わないです。


・ラティランド
ラティオス(色違い)ランドロス霊獣(色違い)クレセリア(色違い)メタグロス(色)ボルトロス(色違い)水ロトム(色違い)

ラティオス@命の珠 臆病CS
流星群 サイコショック 手助け 守る

ランドロス@拘りスカーフ 意地っ張りH175調整 Sブッパ 残りA
地震 ストーンエッジ 岩雪崩 蜻蛉返り

クレセリア@食べ残し 図太いH223 S最速バンギ抜き 残りBだった記憶
冷凍ビーム サイコキネシス 威張る 電磁波

メタグロス@ラム 意地っ張りH187 D珠グドラの雨ハイポン耐え A11n 残りS 端数B
コメットパンチ 思念の頭突き 地震 守る

ボルトロス@オボンの実 穏やかHブッパ D臆病ラティオスの眼鏡流星群耐えとかそこら辺だった記憶 S最速70族抜き 残りBC
10万ボルト 電磁波 威張る 挑発

水ロトム@電気のジュエル 控えめHブッパ S準速バンギ抜き Dライン忘れた 残りCで最大値
ハイドロポンプ 10万ボルト めざめるパワー草 守る


BW環境・・・・たしかXY発売発表の時にダブルレートで使ってたPTだったはず。当時の日本4位というより、ジャパンカップ4位の人とレートで当たって壮絶な読み合いの末、勝ちをもぎ取ったパーティ。このパーティでたしかレート1750までいったんだけど、そのまま放置してそのまま社畜になったので最終順位がわからないまま封印されたパーティでもある。
ラティランドは当時、ダブルではトップメタだったようで僕もちょうど、信頼できるポケ仲間から色ラティオスをネストボールで頂いたのとBOXで眠っている色クレセリアを使ってやりたいなと思って構築しました。また、その時に色穏やかボルトロスもそのポケ仲間から頂いたこともあってこれは使うしかねぇな!!と思ったのと単にラティランドクレセと相性いいやんとかのフィーリングで育成、またシングルで使ってたメタグロスもついでに流用しちゃえ!みたいなのでサクっと決まって最後に電気打点がボルトだけってのも心もとないのとトドンが重かったのでめざ草入れた水ロトムでできた構築です。

回し方は二通りあって
①ラティオスの珠流星群で1匹倒す→ランドグロス水ロトムの徹底サポ(手助け)していく。、
②クレセグロスを初手に置いていば神秘してグロスで突破を図る。グロスのサポが終わったらボルトクレセは相手を邪魔していく。

ランドのエッジの理由は当時穏やかボルトが多かったので、エッジでボルトをワンキルするために採用してました。たしか、高乱数でH振りが落ちた記憶。ラティランドと並べるとボルトはラティ方向に電磁波打ってくるので守る→エッジでどうにかできるといった感じ。


あとは記憶が曖昧すぎて忘れた。



バンドリも使ってたけど、なんとも言えない構築なので省略。







5世代・・・・・・・響きがいい神ゲーですねぇ~


[ 2015年09月26日 00:55 ] カテゴリ:BW期の記事 | TB(0) | CM(0)

【ポケモン】過去の構築【BW】

BW時代の構築記事まとめるって言って随分経つので、纏めようと思います。主にシングルですが、ダブルもBW初期の頃はやっていたのでそれも書きたいと思います。


~BW~
【ダブル】
BW入ってからすぐの公式大会(WCS2011ルールの大会)
BW-イッシュダブル

今でも猛威を振るってるエルテラを軸に組んだが、エルテラは偽装でトルネのジュエルアクロで1匹飛ばしてから追い風→テラキオン&シャンデラの全体技で全抜きしていく。なんで、エルフーンは相手の攻撃を妨害する役目を担わせたアンコ挑発持ちに。ズキンは自信過剰のアタッカーでテラキオンが出せなかった時の追い風アタッカーとして対シャンデラ,ムシャーナへの1撃打点として採用していた・・・・そんな記憶。因みに、ムシャーナの特性はテレパシーだったけどこのPTでは完全に死に特性でした。

最高レート:1804
最終レート:1804
順位:25位
勝率:80.6%(約81%)
勝敗:記憶にない


【シングル】
BWシングルレートシーズン3
BW-バンドリエルレ

今は懐かしき、こっぽら杯で優勝したバンドリ。流行りだしたバンドリをベースに改良していった構築。どうも、格闘に弱いってのがしゃくだったので殴り合いに強いブシンではなく格闘に強く出れるエルレイドを採用して潜っていた。これがかなり当たり、レートもうなぎ上がりであがりBW,BW2通じて最高である1841を記録した。エルレはビルドレ型で命中不安の思念ではなく急所も狙える安定打点のサイコカッターにしてた。たしか、ビルド1積み状態で無振りラティオスが角煮にして美味しく頂けた調整だった・・・・そんな曖昧な記憶しかないです。あと、ウルガモスがめざ水で使ってた。
因みにこのシーズンはレートのインフレが起きていて100位以内に入れたやろーwwwなんて思ってたら104位(101位タイ)で悶絶した。

最高レート:1841
最終レート:1841
最低レート:1500(初期)
あと忘れた。


九尾杯5-4
BW-九尾杯

今や1000人規模のコミュ人数を誇るシータくんですが、元はマイオナでした。そこからガチになり始めじゃあ、ここ出てみる?って言って進めて彼をガチ勢に仕立て上げました。シータを育てたのはお・れ・だ!
そんなシータくん。ガチ大会に出るのは初めてだったようですが、初戦で当たりました。その時に使った構築。シータくんをバシャーモで3タテして大会の厳しさを教えてあげた構築でもあります。その後、彼は僕に負けたのが悔しかったのかどうなのか分かりませんが5連勝してそのまま九尾杯ベスト8という成績を残しました。僕はOPP足りなくて予選落ちしました。そんな悲しみと親心あふれる構築です。

九尾杯 5-4 18位 予選敗退


第1回わふおふ!ベスト16
BW-わふおふ!

この年の(2012年)2月からオフに出始めました。その頃は半角で「ジェニファー」と名乗ってたのですが、みんながみんな半角表示してくれなかったので、怒りと悲しみを背負って味噌汁'sの代表曲「ジェニファー山田さん」からハンネをそのまま使って「ジェニファー山田」でオフに出ました。
この頃からステロ+珠ハッサムが流行り始めていたので、その流れに乗ってヒードラン+珠ハッサムから構築を組み始めたんですが、結局サンダー重くて断念。壁ラティオス使いたいというのもあり、そこからラティオス+ヒードランの壁展開orステロ展開の両方から組みあげていくように構築してきました。結果、珠ハッサムが抜けました。また、挑発持ちもうざかったので化ボルトロスを採用して展開阻止のパターンから積み技を使えば強いやん!と思いそこにキノガッサ,パルシェンが入りました。最後は当時仲良くしてた人にお願いしてバシャーモを貸して頂いて、完成という感じ。

オフは死のブロックに入るというえげつなさを味わいました。以下メンツ
cloudiaさん はるやさん ニハルさん そして、主催であるわふおさん

このうち、はるやさんとニハルさんに負けましたがそれ以外の対戦は勝って5-2の2位通過で決勝トナメへ。そんでもって決勝トナメで引退されたみれーゆさんに負け、ベスト16という結果でした。どんだけ、オフで結果残してる人と当たっとんねんおれ・・・・。


第1回わふおふ!
予選5-2 本戦1回戦負け ベスト16


~BW2~
BW2シングルレートシーズン7
BW2-雨

対面構築大流行のシーズンに雨で潜った反逆の構築。対面構築のメンツ2匹を雨に変えたら強くね?って感じで変えたら強かった。オワリ

最高レート:1760
最低レート:1482
あと忘れた。


BW2シングルレートシーズン8
BW2-カバドリ

カバドリがまた流行を迎えたシーズン。そんなカバドリを使ってハッサム使うのが嫌だったというひねくれ根性の持ち主:ジェニ山さんは、鉢巻グロス入れてラティオスをめざ炎瞑想で使ってました。結果これはこれでいいですが、やっぱりらみるーカバドリには適いませんでした。でも、レートの勝率は過去最高を記録したのでまぁよしとしよう。

最高レート:1787
最終レート:1727
最低レート:1500
勝率:74.6%


BW2シングルレートシーズン9
上記と同じ構築




他にも受けループとかユキトドと積みサイクルとか使ってけど、大会準優勝以外は大した戦績も残してないので省略。




それでは!

[ 2015年06月27日 00:31 ] カテゴリ:BW期の記事 | TB(0) | CM(0)

【振り返り】オフ予選を初めて抜けたパーティ【BW】

新年1発目は完全に思い出記事。でも、こうして振り返ることによりオフ会への参加意欲を出そうという算段である。

僕が初めて予選抜けしたオフ会は、わふおさんが主催したシングルオフ【第1回わふおふ!】
今、思うと命中不安技をよく当てまくった印象とずるしまくったなという思い出があります。
当時、アメブロもやっていたのでアメバなうで「強者ブロックに入ったうわぁ~」って呟いた記憶もある。

その時のブロック訳は以下の通り

第1回SORIAオフベスト4 物理グドラの使い手 cloudiaさん

後の第23回シングル厨覇者 メタモン入り受けループ 主催者わふおさん

第17回シングル厨覇者 ノオーギャラのみずきさん

ネット大会優勝常連 後の第9回キツネの社mf優勝のはるやさん

後の第6回キツネの社mf準優勝のニハルさん


と、後日談を含めればまさに死のブロックという感じでした。




結果から言うと5-2の同率2位で勝敗で並んだcloudiaさんとの直接対決に勝ったのが幸いし、2位で予選通過。決勝トーナメントで第2回キツネの社mf優勝のみれーゆさんに負けベスト16という成績でした。



その時のパーティは以下の通り
・ラティオス@臆病HS 粘土
リフレク 光壁 サイキネ 土産

・ヒードラン@臆病HSベース 風船
マグスト めざ氷 ステロ 吠える

・キノガッサ@いじぱHAベース 毒玉
タネガン マッパ 胞子 剣舞

・パルシェン@うっかりやCS 珠
氷柱 イドポン めざ草 からやぶ

・ボルトロス@臆病CS 襷
10万 めざ氷 電波 挑発

・バシャーモ@陽気AS ラム
飛び膝 ワロス フレドラ 剣舞



今、思えば受けループに負けたトラウマから怨念の固まりで殲滅するために作った壁積みリレー(当時は積みサイクル)だったと思う。そのお陰で当時猛威を振るっていたカバドリ対策が疎かになっていた。当然、予選含め3戦カバドリに当たったが1-2という体たらくである。
因みにこのパーティのカバドリ対策は、ガッサと馬車。当時の馬車は、珠持ちで火力の底上げ、守るを入れての3ウエポンと広角に打ち分ける型が主流なだけにラム馬車はそこそこの地雷になった。この構成は広角に打ち分けつつ、有利対面でソードダンスする守るを切った攻めのバシャーモ。状態異常に弱いのをラムでケアしてという構築の穴を綺麗に埋めてくれた補完位置のはずが、エースに昇格したこのオフのMVPポケモン。
選出率は群を抜いて8/9と圧倒的でした。
そのほとんどが、ラティオスかボルトロスを絡めた展開でした。



以降、この構築をベースに積みリレーを組んで行き、ネット大会でもこの構築の改良版で39人,64人規模で準優勝ですがある程度の戦績を残せました。




今はまだ、感覚が戻ってないですが早くに復帰していこうと思います。
では!
[ 2015年01月01日 00:00 ] カテゴリ:BW期の記事 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

JENNIFER

Author:JENNIFER
社畜に戻った男

Twitter @sashibu_s
Skype rad-jennifer.tasika

コミュニティとかなんとか
ランキングみたいなやーつ
きゃうんたー
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
検索ワード
しゃうんたー
現在の閲覧者数: