需要なんて紙の領域

ポケモンよりも遊戯王が楽しい元・ポケモンオフ勢
需要なんて紙の領域 TOP  >  2016年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【シングル】第17回夜空杯使用構築~社畜のお手軽工場スタン~【66】

第17回夜空杯に参加してきました。結果から言いますと、Aブロック※5-2で予選2位で通過。準決勝で今回の優勝者おかきさんに負け、3決でユウキさんに敗れ4位という結果になりました。
最後の連敗は悔しいですが、オフでは約4年振りに予選抜けをできた上にベスト4までこれたので満足です。

※ 5-2のうち1勝は対戦の決着が着く前に時間切れのジャッジ・キルによってついた勝ちです。ジャッジ・キルの数秒後に負けたので実質あがらなかったと言っても過言ではありません。



使用パーティはこちらになります。(一部非理想値がいますが、理想値前提で書いていきます)
salamence.gifblaziken.gifsylveon.giftentacruel.gifferrothorn.gifhippowdon.gif


ポケモン性格持ち物備考
ボーマンダ陽気ボーマンダナイト恩返し地震竜の舞羽休めメガ
バシャーモうっかりや 命の珠大文字めざめるパワー氷飛び膝蹴り守る非理想値
ニンフィア控えめ精霊プレートハイパーボイス瞑想願いごと守る
ドククラゲ穏やか黒いヘドロ熱湯ヘドロウェーブギガドレイン毒びし
ナットレイ呑気食べ残しタネマシンガンジャイロボールステルスロック宿り木の種
カバルドン腕白ゴツゴツメット地震氷の牙毒毒怠ける


【パーティコンセプト】
クラゲ,ナット,カバの3匹で受け回しつつ蓄積を入れていき、2枚エースのマンダ,バシャで疲弊したポケモンを起点に一気に全抜きを図っていくというシンプル is ベストなパーティ。ニンフィアは2枚エースのサポートとクラゲ,ナット,カバが苦手とするポケモンに対しての切り替えしの駒に加え、自身も全抜きを狙えるような構成にしました。以下、採用順に個別解説。


【個別解説】
salamence.gif
ボーマンダ@ボーマンダナイト
恩返し 地震 竜の舞 羽休め
陽気 171-187-100-*-100-167(171-197-150-*-110-189)

今回のメインメガ進化ポケモン。個体はローテの壁構築の流用。技構成は語ることもないと思います。基本的には中盤から終盤にかけて疲弊したポケモンをメガ→攻撃技で倒していくような立ち回りをしていきます。また、構築単位でメガゲンガーやバンギラス,ギルガルド,ハッサムが重いので竜の舞を入れることでこれらに対するストッパー的な役割も与えています。相手が疲弊しているという前提で動かすので竜の舞は使わず、羽休めを挟みつつ攻撃をしていくようにしました。現にオフ当日も竜の舞はほとんど使わず、削れた相手を倒していくという感じで回していました。



sylveon.gif
ニンフィア@精霊プレート
ハイパーボイス 瞑想 願いごと 守る
控えめ 201-*-99-159-151-85
H ステロ意識の奇数調整
S 4振りバンギラス+3
残りをいい感じに案分

配分はくろばさんの記事を参考にしました。
参考配分記事:【シングル66】XY夜空杯
詳しくはリンク先の調整をみていただければわかると思います。

今回のMVPポケモンと言ってもいいほどの活躍をしてくれたポケモンです。技構成はハイボ,願いごと,守るの3つはよくみる構成だと思います。最後の枠にはめざ炎かシャドボなどのサブウエポンが入るのがテンプレですが、悩んだ挙句瞑想を入れてみました。これは、マンダやバシャが主に苦手とするスイクン(零度個体を除く)やボルトロス(化,霊)に対して受けつつ起点にできると思い採用しました。
主な役割は序盤は受けまわすポケモンの1匹として相手にハイパーボイスで削りを入れつつ、中盤~終盤にかけてはマンダや後述するバシャーモを願いごとによりサポートをしつつ起点にできるポケモンが来たら瞑想をして全抜きを図っていくという感じです。役割がかなり多めですが、基本は出せる時に出して負荷をかけていくというシンプルなモノなので書いているものよりかは負担にはならなかったと思います。
オフでは、本来苦手なはずのエアームドを倒したり、相手が勝手に眼鏡だと勘違いしてくれたりとその活躍に大いに助けられました。


ferrothorn.gif
ナットレイ@食べ残し
タネマシンガン ジャイロボール ステルスロック 宿り木の種
呑気 借り物の為、配分省略(再遅個体) ざっくり言うとHBベース

今回のステロ撒き兼スリップダメージを稼ぐメインポケモン。ここまで重いフェアリーや物理全般をみてもらうようなポケモンです。
主な役割は序盤の場の整えとスリップダメによる削りを主眼としています。相手のPTによっては役割が終盤まで持てそうな時のみ終盤でも削りを行っていき2枚エースの徹底サポートをしていきます。あくまでも削りが役割なので火力方面には期待していません。オフでもほとんど宿り木とステロしか打っていません。タネガンはあくまでも削りとしてと身代わりスイクンを始めとするナットが相手できる身代わり持ちへの駒として最低限役割遂行できるようにしています。ジャイロは全くと言っていいほど打ちませんでした。


hippowdon.gif
カバルドン@ゴツゴツメット
地震 氷の牙 毒毒 怠ける
腕白 215-135-176-*-93-75

スカーフ竜やメガミミロップ,物理主体のメガボーマンダ,物理メガルカリオなどに対しての安定した引き先が必要でありこれを満たすポケモンが、溶けるブルンゲル,カバルドン,ぐらいしか存在せず、ブルンゲルの場合初速が遅いのとただでさえ重いサンダーやボルトロスなどの電気をさらに重くしてしまうのでしぶしぶ採用に至ったポケモンです。とは言ってもコイツでステロを撒くのは明らかに読まれると思い毒毒を入れた個体を採用しました。初見ではコイツがステロ撒くような感じを選出段階から醸し出します。というよりも選出段階でみた時にカバルドンがステロを撒くというのは一見にしてバレるので対戦時に相手の虚をつくことができるという意味でも採用した意味はあると思います。
主な役割は上記に書いた通り物理を主に見てもらいます。また、ナットレイ同様に毒やゴツメ,砂でスリップダメを稼いでいきます。このPTでは序盤で基本的には役割が完全遂行できるポケモンなのである程度削りを入れたらマンダの威嚇の入れ直しも兼ねて贄に捧げることがオフでは多かったです。


tentacruel.gif
ドククラゲ@黒いヘドロ
熱湯 ヘドロウェーブ ギガドレイン 毒びし
穏やか 183-*-86-107-170-135
H 奇数調整
B 端数
C 155-81キノガッサをヘドロウェーブで確定1発(155-92キノガッサに対してはステロ込で1発)
D 余り
S 最速70族抜き

ここまでみてきたら「ゲッコウガとメガゲンガーどうするんだよ!メガマンダも舞わないと2匹抜けないやばい;;オマケにキノガッサの起点になるポケモン多すぎて困る;;;;;」となったので、採用に至ったポケモン。メガゲンガーに対しては役割が持てるかどうか鬼火祟り目や催眠術まで考慮すると怪しいが、基本的には有利なのでそれを買ってでの採用。また、ゲッコウガに対しても特殊では神通力持ち以外なら受け切れ,物理ベースは有効打がほとんどないなどの点を考慮して充役割が持てると感じました。また、自然と毒びしの牽制駒になり毒びしを撒けるという点でも優秀なポケモンだと感じました。性格補正をかけている理由はナットレイ,カバルドンなど既に物理を受けれるポケモンがいること,ニンフィアで特殊受けやカバナットに有利を取ってくるポケモンに対して予防線を張れているので素早さに補正をかける必要ないと判断しました。
主に序盤の場の整えや上記に書いたゲンガーやゲッコウガなどの特殊メインのポケモンに対して出して熱湯を打っていくだけのポケモンです。ニンフィアが特殊にある程度強いのですがニンフィアで相手できない場合、それの穴埋めとしての役割もあります。


blaziken.gif
バシャーモ@命の珠
大文字 めざめるパワー氷 飛び膝蹴り 守る
うっかりや 155-141-90-178-81-132(実際使用した個体はB実数値78のクソ個体)

自発的に素早さをあげることができ、マンダが苦手なポケモンに対して強く出れるポケモンとして第二のエースとして最後に入ってきました。技構成は特に言うことないです。主に終盤での全抜きを役割として与えているのでギリギリまで出さないように立ち回ります。オフでは先発で出した時以外は思惑通りバシャを温存しつつの立ち回りができたのですが、膝芸人をかましたのでやはりうんちでした。準決勝でもここまで当てていた文字を外したおかげで有利に運べる対戦が一気に不利になったのでこの子を僕は許しません。それでも、バシャーモというポケモンを使う以上技外しはつきものなので仕方ないですね。



この構築名の【社畜のお手軽工場スタン】というのはオフ前日に「あっ、そういえば明日夜空杯だ!考えないと!!」と思い、働きながら構築考えてたら思いついた構築です。しかし、工場故にメモ帳など当然持ち込める訳なく昼休みに考えたことを急いで書き出して面子を固めていきました。しかし、最後の一枠(バシャーモが入った枠)が決まらずに仕事していた時にバシャーモいいじゃん!ってなりバシャーモを採用し机上論でPTが完成。その後、家で孵化してない個体の孵化しつつ「ナットの個体準備できねぇ」と悟り急いでフォロワーさんにお願いして個体を貸していただくことに成功してこのパーティが完成しました。




改善点をあげるとするなら状態異常耐性が皆無なのでニンフィアに鈴を持たせる,設置物(特に毒びし)がキツいのでクラゲにスピンを入れるなどの改善が必要だと感じました。
とは言え、約4年振りに予選を抜けれて尚且つベスト4という成績を残せたので満足のいく結果がでてよかったです。

最後に主催のくろばさん,誘っていただいたスタッフのしんめーさん,めーぜんくん、楽しいオフをありがとうございます。
参加者の皆様,対戦していただいた皆様お疲れ様でした。



対戦ログとホントの夜空杯と言われる飲酒66のログは気が向いたら書こうと思います。それでは!!

~Special Thanks~
くろばさん:主にニンフィア,ドククラゲの配分を参考にさせて頂きました。くろばんのもめもめ!
ワイルドさん:マンダ入りの並びを参考にさせて頂きました。第14回夜空杯使用パーティ~メガボーマンダギルガルド~
スミスくん:ナット貸してくれてありがとう。
スポンサーサイト
[ 2016年02月21日 10:00 ] カテゴリ:パーティ公開 | TB(0) | CM(0)

【血の】BLACK LAGOON2nd【バレンタイン】

どうもじぇにふぁーです。

ブロGさんの記事をみてたら打ちに行きたくなってしまったので、昨日打ちに行きました。因みに【血のバレンタイン】というのはアニメのレヴィ(レベッカ・リー)のセリフをもじっただけです。(なんて言ってたか忘れた。)
打ちたくなった元凶の記事:ガルパンはいいぞ!


まずは結果
投資:5k(250枚)
回収:10,158枚
差枚:9,908枚

差枚では万枚いかなかったものの出玉で、1年振り人生2度目の万枚出してきました。因みに1年前はスタードライバーで万枚処女を卒業しました。その時の結果が・・・・

投資:2k(100枚)
回収:13,807枚
差枚:13,707枚

と、いった感じで少ない投資で閉店ギリギリまでで続けるという感じになりました。設定入ってる機種っておそろしい^^;



という訳で成り行きですが、いった経緯について。
元々、新台で導入された緋弾のアリアを打ちに行こうと思ってふらりと近くのホールに立ち寄ったら埋まってたので、駅前のそこそこ入れてるホールに行くことに。目当てのアリアは1台空いてたが、スランプグラフも下降気味とどの台も出玉が全くなかったのでしかたなく、別の台にすることに。じゃあ、スカガ2にするかと決めたが回転数浅い上に伸び悩みで期待値的には薄い。オマケにART抜けた直後とあって引き戻しても出ないと踏んで別の台へ。そこで目に映ったのは私が散々惨敗してるBLACK LAGOON2(以下、ブラクラ2)が置いてありました。2台のうち、1台は朝一でREGをすぐ引いて120Gちょい。もう1つは300Gハマリと中々の悲惨振りだったのですが他に期待できる台もなく唯一リセット期待できるなと思ったのが朝一当たりの台だけだったので、実践開始。
ここから簡単に書きます。(メモを取り忘れたので覚えてる範囲で)


1k:弱チャンス目→Bullet Battle【vsロベルタ】エダ参戦勝利→Bullet3つからART→駆け抜け→追加投資4k:スイカ→Bullet Battle【vsロベルタ】勝利→Bullet0コからART→直乗せ数回→下段REP→HEVEN'S RUSH→SUPER HEVEN'S RUSH昇格→駆け抜け→後乗せ50G→駆け抜け→後乗せ150G→BIG→直乗せ数回→HELL'S RUSH 180G上乗せ→BIG→駆け抜け

この時点で出玉が2000枚ほどで終わったらやめようと思ってました。因みに隣のおっさんの※1秘宝伝は1300枚出ていて内心「MBある機種はやっぱ出玉スピードが違うなぁ~。純増高いと出玉スピード違うなぁ~」なんて思ってました。

※1
秘宝伝 伝説への道 純増:2.0枚
BLACK LAGOON2 純増:1.6枚+ボーナス(約150枚or約55枚)

そんなこんなでBIG2回でART最終ゲームを迎えた時に事件は起きました。最終ゲームを回そうとレバーを叩いた瞬間でした・・・・・。


レヴィ<「まだまだいくぜ!!」

じぇにふぁー「はぁ?」
そんなことを言いながら液晶をみたら・・・・・こんな光景をみました。

液晶画面「こんにちは」
ぶらくら<ピコーーーーーーーーーーーーーーーーンピピピピコーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン(爆音)

じぇにふぁー「クソワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」


周りからはうらめしそうに冷たい視線を感じる。まさに事故りました。明らかにおかしい。因みに最高の上乗せはハーデスの500G。ART機でいえばスタードライバーの465Gが最高だったのでほぼ倍の一撃上乗せで最高乗せをキメました。因みに言うと筐体からはアニメ:ブラクラのOPである【Red fraction】が流れていて筐体が通常のARTとは明らかに常軌を逸したレインボーだったので、超高確状態にいたと思われます。その上乗せ後ですが、SUPER HEVEN'S RUSHとHELL'S RUSHでケタ乗せをしつつ、直乗せでもケタ乗せをして50Gが気が付いたら1365Gまで膨らんでいました。こわい・・・・・。

そして、あれよあれよというまにBullet MAXに5000枚突破。そしてトドメにこいつを喰らいました。

ボーナス「SBBあげるわー」
ぶらくら2

じぇにふぁー「1/16,392引けるのはうれしいが取り切れない;;」


その後もART1セット確定している状態でケタ乗せやBIGを引いて閉店ギリギリまで音速(の勢い)で消化していきました。それでも超高確のせいかやたらとケタ乗せで攻めてくるブラクラ2。完全にイジメです。大変ありがとうございました。
そして、閉店1時間前での出玉は8200枚。明らかに純増1.6枚の機種ではボーナス絡めないといけない枚数でしたが、REGをちょいちょいはさんで閉店3分前にBIG引いて全てのエピソードをみれたあとにみれるSPEDを周りに誰もいない状態(後ろに店員がいる状態なのは秘密)でどや顔でストーリーを「このシーン感動するんだよ」とか「おつかれ!ロベルタ」「おつかれ!レヴィ」「おつかれ!ロック」「おつかれ!みんな」とか独り言を大きい声で言いながらゆっくりと消化しました。店員には冷たい目で見られました。
そして、取り切れませんでしたぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~>< ART300G+ART1セット(Bullet MAXはBullet Battle勝利確定)残した状態で閉店したので、もっと早く打っていれば取り切れたと思います。


ボーナスに関してですが、BIG,バケと同じデータとしてカウントするホールだったので詳しくはわかりませんが、多分BIG20のREG9だったと思います。

最後にこれを貼って終わりたいと思います。
①万枚達成時画像
ぶらくら3

②※2データカウンター(スランプグラフ)
ぶらくら4

※2 データカウンター上は10,099枚ですが、流した枚数は10,158枚です。



完全にリセット狙いで座った台なので、勝ててよかったですがまさか万枚超えるとは思わなかったので想像以上の成果で満足です。
ブラクラは、赤頭ボーナスが多いと偶数,青頭ボーナスが多いと奇数という大雑把ですが設定判別ができます。今回は赤が全29ボーナス中20回ほど来ていたので偶数設定でみて間違いないと思います。そしてA+ARTで設定に素直なので推測設定はおそらく6だと思います。(割も高かったので)


今日万枚出た台を見に行ったのですがスランプグラフが下降線を描いていたので低設定なのでしょう。



というわけでこの辺で・。・v
[ 2016年02月15日 23:02 ] カテゴリ:雑記 | TB(0) | CM(0)

【シングル】HDメガチルタリス【クソ】

チルタリス1

随分前の「今年使ったクソポケモンたち」より紹介したHDベースのチルタリスの紹介。ブログのネタがないので、こういう記事で更新しないとあれって感じなのと供養して天に返そうという思いから更新します。


努力値とメガ後の実数値書くのがめんどいのでメガ前実数値で書きます。努力値とメガ後の実数値は各自で計算してください。
ダメ計もしたのですが、なにせ去年の9月頃にノリと勢いで育成したのとその時のメモが消えたので配分意図はわからない。
以下、技と実数値になります。


チルタリス@チルタリスナイト
恩返し 身代わりor地震 羽休め 竜の舞
175-98-111*-140-128

覚えてる範囲での配分意図
H 16n-1
A 残り
B 端数
D C190メガゲンガーのヘドロ爆弾確定耐えだった記憶
S メガ前準速メガヘラクロス抜き +1で最速ゲッコウガ抜き

たしかこんなだったはず。該当記事で紹介している通りでノリと勢いで育成され使おうと思いながらも結局日の目を見ることなく終わったのでコイツの強さがどうなのかわからない。いや、一度だけ使ったことあるが、舞っても火力がクソほど足りないのでリザXやメガマンダの火力の偉大さを改めて実感できたポケモンでもあった。とは言っても、吠えるのない熱湯ワンウエポンのスイクンには身代わりから起点にできるのでもしかしたらもしかするかもしれないがやはり弱いので今後も使う機会はない。絶対にない!100%ないと言えるポケモンである。


やはり、HDに振れても無振りである程度火力が実現的なポケモンがこういった配分でも活きるんだなとつくづく痛感した1匹だった。
皆さんも流行ってるからとか思い「こいつでその振り方はどうだろう」とかいう興味本位の育成はやめましょう。




                                               お・わ・り
[ 2016年02月11日 22:04 ] カテゴリ:ネタ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

JENNIFER

Author:JENNIFER
社畜に戻った男

Twitter @sashibu_s
Skype rad-jennifer.tasika

コミュニティとかなんとか
ランキングみたいなやーつ
きゃうんたー
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
検索ワード
しゃうんたー
現在の閲覧者数:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。