需要なんて紙の領域

ポケモンよりも遊戯王が楽しい元・ポケモンオフ勢
需要なんて紙の領域 TOP  >  スポンサー広告 >  ネタ >  メガガルーラ絶対殺すマンを考える

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

メガガルーラ絶対殺すマンを考える

209ガルーラが流行ってクレセですらグロパン雪崩でアボンの世界まで侵食しているメガガルーラ。

そこで、メガガルーラ絶対殺すマンをちょっとあげてみる。怯み+グロパン考慮




パターン1
エアームド@ゴツメ
腕白HB


ガルーラサイドの行動
①グロパン雪崩の怯みゲー
②グロパン炎Pで焼却
③大文字(10万など)滅殺

結論:無理


パターン2
カバルドン@ゴツメ

ガルーラサイドの行動
①グロパン雪崩の怯みゲー
②グロパン地震などで強行突破
③冷凍ビーム発射

結論:①②は状況にもよるが、基本的にアウト。


パターン3
テラキオン@珠

テラキの行動
①珠インファブッパ
②剣舞で全抜き

ガルーラサイドの行動
①引く
②地震ブッパ


結論:①でやれば後続次第だが絶対殺すマンになりえる。②の択をテラキ側が選ぶと①だった場合、後続もまとめて殺すマン。ガル側が②を選んだら対戦終了。


パターン4
ハッサム@メガ
虫食い バレパン 叩き 剣舞の場合

ガルーラサイドの行動
①炎のパンチ(炎技全般)
②地震
③グロパン+雪崩の怯みゲー

結論:①をガルが選んだ場合対戦終了。②の場合、上手く起点にできれば剣舞バレパンでいけるかもしれないが、削れた状態で不意打ちを持たれていたら不意打たれジ・エンド。③の場合、分が悪くなるだけなのでまず無理。


パターン5
リザードン@Y石
ガルーラ@メ石など最速100族同士の対面

結論:5世代でいう不毛対面の1つ。(主にガブリアス,化ボルトロス,砂下ドリュウズ,雨下キングドラの同速ゲーになるパターン)
同速に勝てれば倒せる可能性があがるが、先制されればオワタリアス式海岸になる。中でもガルーラ対面は不毛中の不毛だから。これは5世代でいう「砂ドリュの同速ゲー」と同じ状況になる。ガルをガルでみれる分にはいいが、最速同士だとどちらかがガルを失った時点でガルをみれるポケモンがいなくなり対戦終了になる。


パターン6
チルタリス@石

結論:持久戦になる可能性が高い。
ガルーラは捨身が今のテンプレ。フェアリー竜の複合であればもしかしたらいけるかもしれない。が、チルタリス側にも決定打となる一撃がないため、グロパンvsコットンの積み合いになれば長期戦はさけられない。しかし、クレセですらグロパン雪崩の怯みゲーに屈する為、いくら積み技があるチルタリスだろうと怯まされ続ければ終わる。そもそも、それを仕掛けられた時点でチルタリス側の不利状況は覆らない。




結論:まだまだいると思いますが、どのポケモンでもガルーラに2-1交換をしかけない限り厳しそうです。単体でなおかつ、対面でメガガルーラを倒す手段がほぼ皆無でした。








ゲーフリはなんでこんなポケモンを作ったんだろう。バランス崩壊してね?まぁ~いいけど。
引き続きメガガルーラ絶対殺すマンを単体対面で相手できる、「絶対殺すマン」を探そうと思います。
スポンサーサイト
[ 2015年03月15日 01:33 ] カテゴリ:ネタ | TB(0) | CM(4)
ローブシンなんてどうでしょうか
[ 2015/04/21 00:03 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> ローブシンなんてどうでしょうか
コメントありがとうございます。

たしかに、ローブシンもありですね。
HBベースローブシン@ゴツメ(鉄の拳)なら五分に渡り合えると思います。

しかし、現状を考えるとゴツメブシンは汎用性にかける部分があり、ファイアローがいる,メガボーマンダも復権しつつある今の環境では対象を選ぶブシンに取って最も有用な持ち物が突撃チョッキであるといえます。



局所的になってしまいますが、ピンポイントの対策では対メガガルーラに置いて信頼できると私は思います。
[ 2015/04/21 07:02 ] [ 編集 ]
メガジュペッタ、ゲンガーの道連れとか?
高速格闘は、後続を考えるとよくないですよね
ブラッキーはグロパンが駄目だし、、、
[ 2015/09/09 17:52 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
それらの道連れはたしかに有用ではあります。しかし、今のシングル環境はメガで勝敗が決するほどメガ枠が重要なポジションになっています。対面で極力倒すことのできる≒数的アドを取ることが今のシングルでは主流なので、11交換は有用ですがかなりリスキーであると言えますね。(ゲンガー,ジュペッタサイドもガルーラサイドも)

上記のことを踏まえると、汎用性を重視しつつ(後続の相手もできるような腐らないポケモン)且つ対面で倒せるポケモンが欲しいというところですね。
そういった意味で言えば、メガゲンガーはやはりメガガルーラにタイマン張れる唯一のポケモンと言ってもいいかもしれません。
ジュペッタは、クチート同様に択ゲーを生みやすいポケモンであると私は思います。特にメガガルーラ対面ではなんとも言えないですね。一応、電磁波,鬼火などの技を先制で打てるので不利対面ではないと思いますがメガしても耐久が並なので11交換になる可能性が高いといえると思います。(支離滅裂な部分が多々ありますが、ご容赦を)

結局のところ、どのガルーラの型も考慮して相手をするというのが難しいというのが現状ですね。



第2回の同記事もダメ計を載せて書いているのでそちらもご参照ください。
[ 2015/09/09 18:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

JENNIFER

Author:JENNIFER
社畜に戻った男

Twitter @sashibu_s
Skype rad-jennifer.tasika

コミュニティとかなんとか
ランキングみたいなやーつ
きゃうんたー
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
検索ワード
しゃうんたー
現在の閲覧者数:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。