fc2ブログ

需要なんて紙の領域

ポケモンよりも遊戯王が楽しい元・ポケモンオフ勢
需要なんて紙の領域 TOP  >  遊戯王-デッキ >  【2019年1月制限】サンダー・ドラゴンの構築(仮組)

【2019年1月制限】サンダー・ドラゴンの構築(仮組)

お久しぶりです。本格的にこのブログに記事を書くのは2年振りになります。じぇにふぁーです。今はしらゆきで活動しています。さて・・・・今回は制限改定を受けて改良したサンダー・ドラゴンの記事を書いていきます。効果などは分かっている前提で書いていきますので、予めご了承いただくようお願い致します。


【構築内容】
雷龍デッキ
雷龍-メイン エクストラ雷龍-エクストラ サイド


【簡単な解説】
今回の改訂で、エクストラリンク系とワンキル(主に、剛鬼,たんぽぽ,ガンドラFTK)の関連パーツが一気に禁止入り、閃刀姫やオルターガイストのキーパーツが制限という形になり、以前よりスローテンポで群雄割拠な環境になると思います。その中でストラクで大幅に強化された【転生炎獣】,強金と少ない枚数で動きエクストラなしでも戦え10月環境の終盤に急激に数を増やした【サブテラー(導師ビート)】,規制されても展開の余力が有り余るほどの制圧力を誇る【魔術師】の3つのデッキが環境トップになると踏みました。サンダー・ドラゴンはこれらのデッキの【転生炎獣】と【魔術師】に比較的強く出られる(勝てるかどうかは置いておいて)と思ったので今回はこの3つを広く見れるような構成としました。

それでは、キーカードをピックアップしながらみていきます。


【個別】
■メインデッキ
・サンダー・ドラゴンカード
雷電*3 雷鳥*3 雷獣*3 雷源*3 雷劫*1 雷龍融合*1
特に枚数の開設は必要ないと思います。どれもサンダー・ドラゴンにおいては外せないカードになります。雷龍融合に関しては2枚あってもいいのですが、雷獣で回収でき使い回せるので1枚としています。

・孤高除獣*3 太陽電池メン*3
孤高除獣は説明不要だと思います。太陽電池メンは10月環境では全抜きしていましたが、今期は超雷を複数立てることがマストな環境になる可能性が高いのでフル投入しています。誘発に弱くはなりますが、孤高除獣だとどうやっても複数超雷龍が立てられないので、入れています。

・闇の誘惑*3
闇の含有量は多くはありませんが、事故を軽減できるので3投しています。

・墓穴の指名者*3
相手の誘発回避がメインの仕事です。また、太陽電池展開の時にもこれの補助ができます。

・無限泡影*3
1月環境は、10月環境のように御前試合が刺さりにくい【転生炎獣】と【サブテラー】が環境になると思ったのでこのカードが仕事できないと思いました。泡影なら自分の場にカードがない場合、手札から発動できるので後攻を渡されても投げられるカードであり、先攻で伏せても腐らない優秀なカードです。


■エクストラ
・グスタフマックス,ジャガーノートリーベ
サンダー・ドラゴンは打点は出せるものの、あと一押しがなかなかできないテーマであるのでそれを補填できるカードです。雷神龍2体で作ることができるのとそれだけで、単体6000火力,効果を使えば自身しか攻撃できない代わりに8000火力を出せるので、サンダー・ドラゴンに足りなかった火力を補ってくれています。

・常夏のカミナリサマー*2
超雷を複数体を2ターン目以降も継続的に出せるようにと、2ターン目以降は雷族が場に並びやすい状況が作れるので入れています。コイツ自身も雷族なので超雷に変換できる種族です。コイツ自身の効果は全く使いません。

・ヴァレルロード・ドラゴン
対象を取るモンスター効果を受けないモンスターです。サブテラー相手ならこれである程度牽制できると思います。


■サイドデッキ
・D.D.クロウ*2
転生炎獣への対策枠です。墓地で発動する効果が非常に多いので4枚目以降の墓穴の指名者という形で採用しています。また、闇の誘惑にも対応しているので除外するのにも最悪使えます。

・電光-雪花-*2
サーチ対応の雷族で、主にサブテラーをみるために採用しています。サンダー・ドラゴンが場にカードを伏せない性質上、このカードを難なく採用できるので非常に相性がいいです。

・醒めない悪夢*2
魔術師対策,サブテラー対策として入れています。両者ともに永続系(魔術師ならスケール,サブテラーならフィールド魔法など)のカードを使ってくるのでそれらに対して有効に働いてくれるカードになります。しかし、コストとしてライフ1000を失うので不用意使うと自分の首を絞めるのでマストタイミングをみて発動するのがいいと思います。


■不採用カード
・PSYフレームギア・γ,ドライバー
幅広くモンスター効果を無効にできるカードなのですが、場にモンスターがいないのが発動条件なので今回は見送る形に。

・エフェクト・ヴェーラー
ぶっちゃけたところ入れたいカードなのですが、今回は幽鬼うさぎが強い環境になると思ったのと泡影の方が優秀なので採用を見送りました。

・強欲で貪欲な壺
事故軽減にはなるのですが、それよりも裏除外のリスクを重く見て不採用に。

・御前試合
刺しにくい環境になる可能性が高いのが理由です。サイド採用でもよかったのですが、転生炎獣やサブテラーに全くと言っていいほど刺さらないので不採用に。

・ファンタズメイ
対象耐性を間接的に与えてくれるカードですが、複数超雷龍を立てるので今回は見送り。相手が泡影を複数持っていたらあきらめましょう。




これぐらいですかね。新制限発表からもうすぐ2週間になりますが、今のところ予想通りの環境になっているのでもう少し練っていきたいと思います。また、大会など使っている構築など比較的真面目なのはこちら(しらゆきブログ 吐きだめ場)で更新しています。今回のこの構築はまだ
大会で試していないので仮組という形としてここに書きました。




という訳でこの辺で。また、2年後に会いましょう←おい
スポンサーサイト



[ 2018年12月22日 02:04 ] カテゴリ:遊戯王-デッキ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

JENNIFER

Author:JENNIFER
社畜に戻った男

Twitter @sashibu_s
Skype rad-jennifer.tasika

コミュニティとかなんとか
ランキングみたいなやーつ
きゃうんたー
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
検索ワード
しゃうんたー
現在の閲覧者数: