需要なんて紙の領域

ポケモンよりも遊戯王が楽しい元・ポケモンオフ勢
需要なんて紙の領域 TOP  >  スポンサー広告 >  雑記 >  なんか・・・・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

なんか・・・・・・

ポケモンのこと。

第5世代からFCによるタイプ変化で各種タイプを手に入れたロトム。
その中でも洗濯機にフォルムチェンジしたロトムが一番使用率が高いです。
水/電でかつ浮遊という特性で弱点が草のみという優秀なタイプ。

なぜ、こんなことを書くかというと使用率変遷が新作発売(BW2は除く)されるたびに水ロトムの採用が多く、環境が進むに連れ採用されなくなること。
それに相対してスイクンの採用変遷がほぼ、水ロトムと逆の変遷をしている。

徐々に採用されなくなる要因は、種族値が低いのもあるけど、一番はメインウエポンの命中率が低いことが挙げられる。




六世代もファイアローの登場により、メインウエポンを両方半減できる水ロトムが採用されたが、終盤の環境でスイクンに取って代われ採用されなくなりました。
よく、ネタで水ロトムについてこんなことを耳にし実際に自分も枠内で言ったことがあります。

「ドロポン採用したくないならめざ水と」


確かに、命中難なドロポンを採用しなければならない水ロトムにとってめざ水は安定した一致メインウエポンになりうるかもしれません。しかし実際は、めざ水を採用した個体をみていないのが現状。わたしはBW期のレート戦で一度だけみたことがありますが、ドロポンを差し置いてメインウエポンにするメリットがなくダメもさほど期待はできない。



結果的に安定した一致水のウエポンがないが故に、安定した一致水ウエポンを持ってかつ、汎用性の高いスイクンが採用され、さらに水タイプの良きサブウエポンである氷技もめざぱ頼みなのも水ロトムが採用されなくなる要因でしょう。




結論として・・・・水ロトムとドロポンは水ロトムを採用するにあたり、切っても切れない技だと言うことです。ドロポンを採用しない個体ならボルトチェンジを使わない限り、スイクンや他の水タイプを採用した方が賢明だといえます。





それではこの辺で
スポンサーサイト
[ 2014年12月11日 01:00 ] カテゴリ:雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

JENNIFER

Author:JENNIFER
社畜に戻った男

Twitter @sashibu_s
Skype rad-jennifer.tasika

コミュニティとかなんとか
ランキングみたいなやーつ
きゃうんたー
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
検索ワード
しゃうんたー
現在の閲覧者数:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。